頭皮と抜け毛についての基礎知識

男女や年齢に限らず、近年では抜け毛や薄毛などの髪の毛で悩んでいる方達が増えている傾向にあります。

様々な症状の髪の毛の原因を知る事で、薄毛や抜け毛の対策や予防にもなり、これから一生大切にしていく髪には基礎知識として知っておく事が大切です。

頭皮と髪はとても深い関係にあり、髪の土壌とされている頭皮をケアする事で、髪の悩みが改善できる場合などもあります。

頭皮を清潔にする事がとても重要なポイントで、頭皮が汚れていたり皮脂などが毛穴に詰まっていては、髪の毛の毛根などが上手く育たずに途中で切れたり抜けてしまう場合があります。

生活面にもとても影響されるとして、バランスの悪い食生活や睡眠不足やストレスなどにも髪に影響を及ぼしてしまいますので、髪を健康に保つには良質のタンパク質と、タンパク質を運ぶための燃料の糖分と代謝を助ける補控訴ビタミンやミネラルなども必要です。

抜け毛や薄毛になる原因は様々あり、その人の体質によるものから男性ホルモンの増加や遺伝的なものや生活習慣などと、様々な原因があげられていますが、自分でできる事は行うだけでも症状が良くなる場合があります。

抜け毛を減らすためには、ハリやコシのある健康な髪を育てることが大切で、対策の一つとして頭皮マッサージがあります。

頭皮にマッサージを行う事で、血行が促進され頭皮と髪が健康な状態に保ち、血行が良くなると頭皮が健康になりますので、元気なハリとコシのある健康的で元気な髪が生えるようになり育毛促進にも繋がります。

脱毛も防いでくれる効果もあるので、髪に悩んでいる方は土壌である頭のマッサージなどを行う事で、リラックスしながらできます。

自分ではなかなかどのように行ったら良いか分からない方は、定期的にプロによるヘアケアとして受けれるサロンなどもあり、健やかでとうひの状態を保つ事にもつながりますので、ヘアケアとしても自分のご褒美として受けてみてもリラックス効果があります。

また、育毛剤をつけてからマッサージを行うと、より高い効果が期待できます。良い育毛剤を選んで薄毛や抜け毛の改善に役立てましょう。

頭皮のマッサージについて

頭皮のマッサージは頭皮の健康を保ち、抜け毛を予防する効果があるとされています。

抜け毛予防のためには睡眠や栄養も大切ですし、それに加えてマッサージを毎日の習慣として取り入れると、さらに効果を期待することができます。

頭皮のマッサージのよいところは、コリをほぐすことで周囲の血流が改善し、リラックス効果が高まるとともに、眼精疲労や肩こりなどを和らげる効果も期待できるところです。

始める前に蒸しタオルで頭を温めておいたり、お風呂上りにするのも良いでしょう。両手の指の腹を使って少し強めに頭皮を指圧していきます。

このとき爪を立ててしまうと皮膚に傷がついてしまいますから気を付けましょう。指圧のときに、頭にあるツボも意識して刺激するとよいでしょう。

頭には頭頂部に「百会」、首の付け根付近に「天柱」、耳の後ろの窪んだあたりにある「風池」と呼ばれるツボがあります。

押してみて痛みを感じたらコリがある可能性があります。ゆっくりもみほぐすように刺激するとジンワリと血行が良くなった感触が分かります。

毎日頭皮のケアをするのは手間がかかると感じるときには、マッサージ用のブラシを使うのも良い方法です。

ブラシの毛が丸くて太くなった専用のブラシを使うことで、皮膚に心地よい刺激を与えることができます。ブラシは洗髪の際に使うのが効果的です。

シャンプーを馴染ませた髪の毛にブラシを当てて頭皮をまんべんなく刺激してきます。特に男性の場合は、毛穴に脂が付きやすいといわれていますから、こうしたブラシを使うことで、毛穴の汚れをスッキリ落とすことができます。

シャンプーしてもベタツキを感じる場合には、試してみることをおすすめします。また、自宅で効果が感じられたら、たまにサロンのヘッドスパを利用するのも良いでしょう。

育毛に力を入れたサロンでは、日常の髪や頭皮のお手入れの相談にも乗ってもらえますし、普段落としきれない頭皮の汚れを落としてもらうことができます。

頭皮の洗い方で気をつけること

頭皮の洗い方には、気をつけなければいけないことがいくつかあります。

間違ったやり方で洗っていると、抜け毛が多くなるなどトラブルが目立つようになるので注意が必要です。

まず、髪は洗う前の乾いている状態の時に、ブラシでしっかりとかしておくことが大切です。

髪をよくとかしておくとほこりやフケや汚れが表面に出てきて、洗う時に落としやすくなるのです。

そして、シャンプーする時には髪をよく水で濡らしてから、泡立て用のスポンジなどを使って十分に泡立ててから髪につけます。

直接シャンプーをつけてしまうと洗うのに時間がかかるし、きれいに落としきれずに残ったシャンプーの成分が頭皮環境にダメージを与えてしまいます。

それから、シャンプーの量と時間にも注意が必要です。

1回の洗髪の際に使うシャンプーの量が多すぎると洗い残すだけでなく、頭皮に与える刺激が強くなります。

時間をかけて洗うのも同じように刺激が強くなるので、できれば2分~3分で洗うように心がけておくといいです。

また、頭皮を洗う時は爪を立てないように注意が必要です。

汚れを落とそうと力を入れて洗っているうちに、爪を立ててしまうという人は少なくないのですが、頭皮を傷つけると結果的に毛根にダメージを与え抜け毛が多くなるので、優しく撫でるように洗うことが大切です。

そして、洗髪後はできるだけ早く乾かす必要があります。

濡れたままの状態で長くいると頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるので、タオルで素早く水分をふき取った後ドライヤーで乾かすといいです。

タオルで水分をふき取る時は、優しく全体を撫でるようにすることが大事です。

最後に、洗髪に使うシャンプーについてですが、できればスーパーで売っている手頃な値段で買える物ではなく、抜け毛予防などに効果的な物を買うことをおすすめします。

一般的に、手頃な値段で売られているシャンプーは必要以上に洗浄力が高過ぎて、汚れだけでなく髪に必要な成分まで落としてしまうことが多いので、頭皮環境のトラブルを起こしやすくなります。

頭皮環境を良くすることは、抜け毛予防のためにも大切なので気をつけることが大切です。

フケの原因と対策

頭皮のトラブルで悩んでいる人は多いと思いますが、中でもフケで悩んでいる人も男女問わず多いのではないでしょうか。

頭皮のフケには2種類のタイプがあり、原因や対処法も異なってきます。まずは乾性のフケです。

こちらはパラパラと肩のあたりに落ちてしまうのが特徴で、頭皮を掻くことでもパラパラと落ちます。

頭皮が乾燥することが原因と考えられており、シャンプーなどで必要な皮脂までも洗い流してしまうことで起こります。

適度な皮脂によって頭皮を健康に保っているのですが、過度な洗浄で皮脂が不足してしまうと水分を保てずに乾燥しがちになります。

また偏った食生活や、過度なストレスなどの内面的なところからくる場合もあります。

新陳代謝が落ちると、頭皮にまで栄養が行き届かなくなり、トラブルも起こりやすくなるのです。

乾性タイプの対処法は、まずは乾燥を防ぐことです。

過度なシャンプーは行わず、すすぎはしっかり行うことが重要です。

また低刺激のシャンプーを使うことも効果的です。

もうひとつは湿性のフケです。

こちらは溜まった角質細胞と皮脂が混ざり合ったもので、湿っているのが特徴です。

かゆみを伴う場合が多くいことも特徴です。

このタイプも皮脂の不足からくる皮脂の過剰分泌が原因で起こります。

乾性と同様に、過度なシャンプーや爪を立てて洗ったりすると、起こりやすくなるので注意が必要です。

またスタイリング剤に含まれている油分が原因である場合もあります。

なるべく油分の少ないスタイリング剤を使用したり、使用を控えたりしましょう。

どちらのタイプも共通して言えることは、まずはシャンプーのやり方を見直すことです。
過度な洗浄は乾燥や皮脂の過剰分泌につながります。

正しいシャンプーの方法を覚えることでトラブルを防ぐことができます。

そして頭皮を健康に保つために、バランスのよい食事と、規則正しい生活を心がけ、適度な運動をすることでストレスをうまく発散させることが大切です。

皮脂と頭皮の関係について

頭皮のトラブルに見舞われている人の中には、皮脂が多すぎて髪がべたついたり、べたべたするのにフケが多かったり、乾燥していると感じる人が少なくありません。

元々、頭皮は適度な水分と油分で紫外線やその他の外的刺激、雑菌などから守られていますが、ホルモン異常やストレス、過度の刺激などにより、これらのバランスが崩れてしまうことにより、上記のようなトラブルが生じてきます。

特に多いのが頭皮の水分不足で、水分が足りなくなったと認識した体は、それを何らかの形で補おうとします。その結果、通常より多くの皮脂が分泌され、不足している水分の代わりに油分で頭皮を守ろうとします。しかしこれは当然逆効果で、過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせ、毛根に十分な栄養素を行き渡りにくくしてしまいます。

また、雑菌が繁殖しやすくなり、赤みやかゆみなどを生じさせます。

このように、頭皮のコンディションを大きく変化させるきっかけとして、肌の水分不足はかなり重要なポイントとなっています。

この状態を改善させるためには、ストレスを減らし、食事で栄養バランスを整え、しっかり睡眠をとり、日傘や防止なども適宜利用して、できるだけ紫外線から守るなどの規則正しい生活が必要になりますが、特に症状が酷くなっている場合には、皮膚科で雑菌の繁殖や炎症を抑える薬なども処方してもらう必要があります。

また、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、必要な水分や油分まで洗い流してしまいますので、かえって皮脂の分泌量が増えて逆効果です。

自然由来成分配合のアミノ酸系のシャンプーを利用して、頭皮の保湿にも注意しましょう。

また、血行が悪いと必要な酸素や栄養素が行き渡りにくくなって頭皮を弱らせる原因になりますので、血行を促進させ、冷え性の改善にも努めましょう。育毛系のヘアケア製品には、血行を促進させる成分が入っているものもたくさんありますので、それらを利用すると効果的です。

保湿して頭皮環境を整える

顔や体の皮膚を健康的な状態で維持する為に大切なのが保湿ですが、それは頭皮にも同じ事が言えます。

頭皮も一枚皮で繋がっていますので、顔などと同じように潤いのある状態を維持する事で頭皮環境が良くなり、それによって抜け毛予防などにも繋がります。

その為には頭皮ケアの方法が大切になりますが、まずシャンプーの際には脱脂力が強い物は使わない事が大切です。

特に多くのシャンプーに含まれている界面活性剤というのは脱脂力が強く、時には頭皮を乾燥させてしまう原因になります。

特に元々乾燥しがちな方が界面活性剤入りのシャンプーを使ってしまうと、より乾燥が強くなってしまう事にもなりますので注意しなければいけません。

その為、シャンプーを選ぶ際には配合成分に着目し、保湿効果のある物を選び出す事が大切と言えます。

頭皮に潤いを持たせる為には洗い方にも気を配る必要があります。

まず、シャンプーの際にはお湯を使いますが、その際には熱過ぎるお湯を使わないように気を付けなければいけません。

温度が高過ぎると脂分や水分を奪ってしまう事にもなりますので、できれば人肌程度の温度で洗う事が大切です。

シャンプー時には擦らずに洗う事も大切なポイントです。

頭皮というのは皮脂や汗、整髪料などの色々な汚れが付着していますので、ゴシゴシと洗った方が綺麗な状態になりそうなイメージですが、ゴシゴシと洗ってしまうと必要な脂分や水分を奪ってしまう恐れがあります。

脂分などが減少する事で却ってダメージを与える事になりますので注意が必要です。

シャンプーの際には優しく洗う事が最も大切ですので、ゴシゴシと擦って洗うのではなく、マッサージするように優しく洗う事が大切と言えます。

また、マッサージをする事によって血流を良くする事ができますので、それによって抜け毛予防にも繋げる事ができます。

さらにはマッサージをしながら洗う事で毛穴に詰まっている汚れも取れ易くなりますので、より綺麗な頭皮環境へと整える事ができるのです。

頭皮を乾燥させないように注意することが大切

健康的な髪の毛を育てる為に大切なのが頭皮環境を整える事です。

頭皮環境が悪い状態ですと健康的な髪の毛が育ち難くなりますし、さらには抜け毛などを増加させてしまう事にも繋がります。

頭皮環境を良くする為のポイントはいくつかありますが、まずは乾燥させないように注意しなければいけません。

頭皮が乾燥している状態というのは外部からの刺激を受け易くなります。

紫外線などの刺激を受ける事で毛根を傷めてしまいますし、それによって抜け毛を増加させてしまう事にもなりますので乾燥させないように気を付けなければいけません。

また、頭皮が乾燥する事で角質が剥がれ易くなってしまいますが、剥がれた角質が毛穴を塞いでしまうと抜け毛の増加に繋がってしまう事もあります。

では、潤いのある頭皮にする為にはどうしたら良いのかと言いますと、まず大切なのが保湿成分が含まれているシャンプーを使う事です。

頭皮に潤いを持たせる為には保湿が重要になりますので、その為にもシャンプー選びからまずはしっかりと行う必要があります。

洗い過ぎない事も大切なポイントです。

特に脂性の場合ですと何度も洗ってしまいがちですが、何度も洗う事によって潤いを奪ってしまう事になりますので注意が必要です。

シャンプーをする際には優しく洗う事も大切と言えます。

人によってはゴシゴシと力を入れて洗っている事もありますが、擦り洗いをしてしまうと頭皮に大きなダメージを与えてしまう事になりますし、潤いを維持する為に必須の脂分や水分まで過剰に奪ってしまう事になります。

シャンプー時には優しく洗う事が大切になりますので、力を入れてゴシゴシと擦ったりせず、マッサージをするように優しく洗う事が大切です。

シャンプー後はしっかりとすすぎを行い、速やかにドライヤーで乾かす必要がありますが、その際には過度にドライヤーをしない事も大切です。

ドライヤーの熱によって水分を奪ってしまう事もありますので、ある程度の状態まで乾かしたら後は自然に乾かすのが理想的です。

毛穴の角栓を解消する為に

抜け毛を増加させる原因の一つに頭皮の毛穴に詰まった角栓が挙げられます。

角栓というのは簡単に言えば老廃物ですが、その角栓が頭皮の毛穴を塞ぐ事によって健康的な髪の毛が育つ阻害になりますし、さらには抜け毛を促進する原因にもなってしまいます。

特に頭皮は汚れが蓄積し易いという事もあり、それによって毛穴の詰まりも発生し易くなります。

抜け毛を予防する為にはそういった老廃物をしっかりと取り除く事が大切になりますが、その為には日々のシャンプーをきちんと行う必要があります。

シャンプーの際にはいくつかのポイントがありますが、まずは毛穴を開く事が大切になります。

毛穴は通常閉じている状態ですが、毛穴が閉じている状態ですとシャンプーをしても汚れ落ち効果が低くなります。

それではスッキリと汚れを落とす事ができませんので、まずは湯船に浸かったりホットタオルを活用して毛穴を開いておく必要があります。

十分に毛穴を開いたら洗い始める事になりますが、その際には頭皮を擦らないように洗う事が大切と言えます。

シャンプーの際にはついつい力を入れて擦って洗ってしまいがちですが、擦り洗いをしてしまうと頭皮環境を悪化させてしまう事にもなりますし、肝心の汚れ落ちもあまり良くありません。

汚れをしっかりと落とす為にはマッサージしながら洗う事が大切ですので、シャンプー時には頭皮を揉みながら洗うようにする必要があります。

揉みながら洗う事で毛穴に詰まっている汚れが落ち易くなりますし、さらには血流を促進する事にも繋がりますので、それによって抜け毛予防にもなります。

しっかりとシャンプーを行ったら十分にすすぎを行う事が大切です。

すすぎ残しがあると残留した汚れが毛穴を塞いでしまう事にもなりますので注意が必要です。

因みにシャンプーを行う際にはスカルプ系のシャンプー剤が打って付けです。

汚れ落ちも良いですし頭皮環境を整える働きもありますので、抜け毛予防として役立ってくれます。

血行を改善して抜け毛を防ぐ

抜け毛の悩みを抱えている方は少なくありませんが、抜け毛の悩みを解消する為にはしっかりと対策をしなければいけません。

対策方法の一つとして、まずは頭皮の血行を良くする事が大切と言えます。

頭皮の血行が良くなる事によって毛根への栄養供給がスムーズに行われ易くなりますし、それによって毛根が活性化すれば抜け毛が発生し難い状態になります。

その為にはどうしたら良いのかと言いますと、まずは頭皮に柔軟性を出す事が大切です。

頭皮が硬くなる事によって血流を悪化させてしまう事になってしまいますが、その為にはゴシゴシ洗いをしない事が大切と言えます。

ゴシゴシと力を入れて洗っている方は少なくありませんが、頭皮に強い刺激を与える事によって頭を守る為に硬くなってしまうと言われています。

その為、シャンプーを行う際にはゴシゴシと力を入れずにマッサージを行うように洗う事が大切と言えます。

マッサージを行う事によって血流の促進にも繋がりますし、さらには毛穴に詰まっている汚れも落ち易くなりますので、それによって清潔感のある頭皮環境へと整え易くなります。

マッサージをしながら洗う際には過剰な力を入れない事が大切です。

過剰に力を入れてしまうと頭皮の質を悪くしてしまいますので、気持ち良さを感じる程度の力加減で行う必要があります。

また、抜け毛対策の為にシャンプー後にマッサージを行う方も少なくありませんが、その際にも同様に力を入れてしまうと却って状態を悪くしてしまう事がありますので注意が必要です。

頭皮の血行を良くする為には他にも生活習慣を改善する事も大切なポイントです。

例えば食事内容の改善が挙げられます。

人によっては脂質や糖質などを多く摂取するような食事を好んでいる事がありますが、そういった成分を沢山摂取してしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。

抜け毛予防の為にはサラサラの血液にする事が大切ですので、その為にも食事の際には野菜なども沢山摂取し、バランスの良さを意識する事が大切になります。

頭皮の臭いを取る対策は?

人間の身体の中でも特に汚れが溜まり易い部分として頭皮が挙げられます。

頭皮には酸化した皮脂や整髪料、塩分などの様々な汚れが存在しますので、しっかりと洗ってあげないと臭いを発生させてしまう事があります。

やはり臭いが出てしまうと気になってしまうものですので、しっかりと対策を行いたいものですが、その為にはシャンプーをきちんと行う必要があります。

因みにシャンプーは正しく行ってこそ意味がありますし、間違った洗い方ですと頭皮環境を悪くしてしまい、その結果臭いの発生を促進してしまう事がありますので気を付けなければいけません。

シャンプーを行う際のポイントはいくつかありますが、まずはぬるま湯を使って大体の汚れを落とす事が大切です。

大まかな汚れを落とす事によってシャンプー剤の泡立ちを良くする事ができますし、それによって汚れ落ち効果もアップさせる事ができます。

最初からシャンプー剤を使ってしまうと泡立ちが悪いですし、汚れ落ち効果も低くなりますので、事前の予備洗いは大切と言えます。

実際に頭皮を洗う際には擦り洗いをしない事が大切と言えます。

シャンプーの際にはごしごしと擦った方が汚れ落ち効果が高く、頭皮もスッキリしそうなイメージですが、擦って洗ってしまうと頭皮の角質を剥いでしまう原因になったり、脂分や水分を奪って乾燥を強くしてしまう事にもなります。

乾燥して剥がれた角質などが毛穴を塞いでしまうと、それが臭いの原因にもなってしまいますので注意が必要です。

シャンプーの際には優しく洗う事が大切になりますので、その為にも揉み洗いをしながら洗うようにすると良いでしょう。

揉み洗いをする事で毛穴に詰まっている汚れも落ち易くなりますので、清潔感のある頭皮環境を手に入れる事ができます。

シャンプー後はしっかりとすすぎを行う事が大切です。

すすぎが不十分ですとシャンプー剤が残留し、それによって不衛生な頭皮環境になりますので、時間を掛けて入念にすすぐ必要があります。